2013年2月18日 (月)

「お茶の間」で琴の演奏会

Dsc_0096


2
17日に行われた「第4住区地域お茶の間」では琴の演奏が披露されました。加藤由美子さんと、札幌からわざわざ来ていただいた関安子さんとの連弾、琴・三味線との協演はすばらしいものでした。琴の演奏はあまり直接耳にする機会がなかったのですが、二人の息の合った演奏に、30余人の参加者が聴き惚れていました。八千代獅子、わらべ歌、さくらさくら、OKOTOなどでしたが、他の楽器に見られない優しさ、音の流れの美しさを感じました。加藤さんは中学校で指導したり、幅広く活動されています。私の住む地域の文化人・音楽家をまた一人発見できました。

Dsc_0100

Dsc_0102_4



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 2日 (火)

目頭を熱くした吹奏楽コンクール

  7月31日、キタラでの吹奏楽コンクール(北海道予選札幌地区大会)を見にに行ってきました。小中学生、高校大学生、一般・地域の吹奏楽の団体が日頃の腕を披露してくれました。小学生の11団体しか聞いてきませんでしたが、見事な演奏に、強く心が打たれました。各たった7分の演奏ですが、みな真剣そのもの。フルート、クラリネット、トランペット、トロンボーン、ホルン、チューバ、マリンバ、シンバル、鐘、パーカッションなど、色々な楽器を本当に見事に奏でていました。小さな女の子が大きな楽器を引きずるように運び、楽器に隠れてしまいながらも一生懸命吹いている姿に、私も、周りの父兄も目頭を熱くしていました。
 私の孫は、ユーホニュームという、チューバを小さくしたような楽器を演奏していましたが、「銀賞だった。ゴールドや金賞に入れなくて残念だった。来年は絶対金賞を取るんだ。」と、後で悔しがっていました。「次の目標ができて良かったね。」と、労わってやりましたが、こんな日常が、福島にはない。テレビで合唱コンクールに出られなかった中学生の姿が報じられていましたが、思い出して、複雑な気持ちになりました。当たり前の日常が、被災した子供たちにも早く戻ってほしいと願わずにはいられません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

第9の合唱にチャレンジ!

 「わがまちの交響曲第9番実行委員会」の勧誘に応募して、昨年10月に合唱団員に加わりました。ところが、思った以上に難しい事が分かりました。バスパートですが、私にとって音が高すぎて所々歌えないのです。ドイツ語も大学以来でほとんど発音ができません。とたんに自信を無くしてしまいました。団員募集の予定表には毎月1回のレッスンということで、気軽に考えていましたが、実際は毎週1回のペース。確かにそれだけの練習が必要だと思いますが、参加できるのはやはり毎月1回程度。でも応募したからには責任を果たしたいし、また男声が少ないので止めるわけにも行きません。なんとか頑張ろうと、用意していただいたバス用練習CDを活用して、運転中や入浴時に練習を続けています。

 昨日、1ヶ月ぶりにレッスンに参加しました。指導は長内勲元教育大学教授。初めて受けるレッスンでしたが、たいへん楽しく、予想以上に声をだすことができて、少し自信を取り戻しました。発表会が今年11月なので、4月の選挙後、馬力を出して、何とか第9成功の喜びを分かち合いたいと決意しています。女声120名、男声30名程度ですが、あの狭い芸術文化ホールで、北海道交響楽団と一緒に演奏できるのか心配ですが、迫力ある合唱ができれば、この上ない喜びです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

戦跡巡りに参加して

 88日(日)、北広島9条の会主催の戦跡巡りに参加しました。当時の広島村は人口も少なく、空襲などにも遭わず、平穏な村だったと思っていましたが、認識を新たにしました。

 島松駅逓付近と、開拓記念公園の崖、道道の下に当たるところにそれぞれ防空壕があることを知りました。

 また、北の台小学校の一帯はかっては軍馬の訓練所であったこと、その後陸軍参謀本部直属の通信隊が置かれ、戦争末期にはそこに多数の日本人、朝鮮人が苦役に駆り出され、迷路のような防空壕が掘られたことなど、初めて知りました。

 私は横須賀で生まれ、育ちました。嘉永6年(1853年)にペリー提督率いる黒船艦隊が横須賀の久里浜に来航「泰平の眠りを覚ます蒸気船(上気煎)、たった4杯で夜も眠れず」と謳われたほどの大出来事のあと、日本海軍の提督府として横須賀鎮守府が置かれ、海軍造船所が設置されて以来、呉と並ぶ屈指の軍港でしたから、横須賀には様々なところに砲台が設置され、いたる所に防空壕が造られました。島松の防空壕は大人が横になって入れる程の入り口のように見えましたが、横須賀の防空壕はそれより大きく、私は子どもの頃、良く仲間と探検ごっこなどして遊びました。

 65年前の悲劇を再現させてはならない、その実相を風化させてはならない、そのためにこれらの戦跡をしっかり残していかなければならないことを痛感しました。

Photo

 島松の防空壕

Photo_2

開拓記念公園崖の防空壕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

賑やかだった「第3回平和のうたごえ喫茶」

憲法記念日の53日、札幌の隣町、北海道北広島市では、「北広島9条の会」が主催の「第3回平和のうたごえ喫茶」が開かれました。会場のJR北広島駅前コンコース(エルフィンパーク)には地元や近郊から大勢の人が集まり、150の椅子は満杯。立ち見でうたう人も多数いました。

9条の会代表は「最近の世論調査では、9条を守るべきだと考えている人が一層増えています。当地でも賛同署名が1014筆になりました。」と挨拶し、戦争体験集の「バトンタッチ」の続編発行の取組や、俳優の加藤剛さんが賛同の句を寄せてくれた「平和5・7・5」の取り組みなどが紹介されました。地元の女声コーラス「エーデルワイス」や、新婦人歌声小組の合唱、そしてリクエストに応えて、北海道合唱団と地元FM局パーソナリティーの司会で「学生時代」や「アメージンググレース」など、たくさんの歌が春の広場に響き渡りました。地元福祉団体の「9条パン」も大好評でした。

Photo

Photo_2

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月10日 (土)

勇気を与えてくれる一冊

「一人の声が世界を変えた!」(伊藤千尋著、新日本出版社刊)は、たいへんすばらしい本です。だらしのない私に大きな勇気を与えてくれました。日本共産党員でありながら、もしも自分があの第2次世界大戦に遭遇したとき、「戦争反対!」を唱え、貫き通せたか、全く自信がありませんでした。

 9・11テロでも、自分がアメリカ国民だったら「報復せよ!」の声に立ち向かうことが出来たか? 自問自答を繰り返すばかりでした。そんな中、あらゆるバッシングをうけながら連邦議会で反対を貫いた議員(民主党バーバラ・リー議員)がいたことをこの本で知りました。

 また、平和憲法を実践し、軍隊を持たない国として有名なコスタリカにおいて、米国のイラク戦争を支持した大統領を平和憲法違反として訴えた大学生がいたことも知りました。

 ベトナムにおいては、「資本主義の女王」と呼ばれるグエン・ティ・ティさんや、ドイモイの発案者グエン・スアン・オアイン氏など、一人の勇気ある行動・実践がその国を変える実態をこの本でリアルに知ることが出来ました。

 今の日本では、夢も希望も持てないと半ばくじけてしまいそうですが、もっと困難な情勢の中で、自分の信念に基づいて生きている人がいること、そして一歩踏み出せばそれが情勢を切り開きうる力となることを、この本で学びました。座右の一冊として何度も読み返して、心の糧としたいと思っています。

File0001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

9条の会主催のうたごえ喫茶

 62周年になる憲法記念日の5月3日、北広島9条の会主催のうたごえ喫茶が開かれました。JR北広島駅改札口前のエルフィンパークでの2回目の開催に、のべ200人の方々が集まり、平和の歌、童謡、青春の歌などたくさん歌い合いました。北海道合唱団のリードで行なわれましたが、地元女声コーラス「エーデルワイス」の合唱も素晴らしかったです。 恵庭から参加した二人連れの女子高生も「私も合唱をやりたいのだけれど、部活も忙しいし。」「若い人がもっと参加してこんな集いが盛んになってほしい。」と感想を漏らしていました。

 第3部のリクエストタイムでは時間を延長するほど。北海道合唱団の「ノーパサラン」には胸が熱くなりました。

 今年は地元きたひろしま福祉会のパン工房「あぐり」さんの協力で、「9条パン」の販売も行なわれ、大好評。9の字のレーズンパン、チーズパン、アンパン、クリームパンの4種類320個は見事完売。うれしい悲鳴でした。

 「歌声は平和の力」を実感しました。音響がいまひとつだったこと。もう少し宣伝の必要があったかなと思うこと、もっと地元合唱団に参加を呼びかけたかったことなど、反省点もたくさんありますが、楽しくて勇気をもらいました。北海道合唱団、「エーデルワイス」、司会アシスタントのIさん、Oさん、パン売りで活躍の若い女性Hさんなど、たくさんの方々に支えられて成功したうたごえ喫茶でした。Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

第2回うたごえ喫茶

 今年も憲法記念日の5月3日、北広島駅改札出口の広場「エルフィンパーク」で、「平和のうたごえ喫茶」が開催されます。北広島9条の会の主催。

 昨年初めて開催されましたが、150名の市民、駅乗降客が集い、フォークソングやロシア民謡、日本叙情歌を一緒に口ずさみ、楽しみました。

 今年は歌集も更に充実させ、北広島福祉会の協力も得て「9条パン」の販売も行う予定です。女声コーラス「エーデルワイス」の賛助出演もあり、一段と楽しくなりそうです。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)